点対称描画機能を使った作図例(巴画像)(Hyper-Paint チュートリアル 使い方 講座)

今回は点対称描画機能を使った下図のような巴画像の作成方法について説明します

メニュの描画の対称描画から 3 点対称描画を選択します。描画モードを楕円モードとして下図のようにshift keyを押しながら円を作図します。

右クリックメニュからフィル描画を選択して描くと下図のような3点対称画像が描かれます。

次に3点対称描画機能を解除して下図のように真円を作図して筆太さを1としてこれから描く図形のガイドを描きます。

そうすると下図のような図形になります。内側の3つの塗りつぶした円と外側の大きな円をガイドとしてこれから作図していきます。

描画モードをポリゴンとしてラインスタイルウインドウのオプションから「ポリゴンをスプラインで表示する指定」をチェックしてから作図を始めます。

下図のように作図します。下図の赤○の部分は

地点(ポイント)上の右クリックメニュの中から下図のように右クリックした地点と同じ位置にもう1点づつ地点を追加します。そうすると下図右のようになります。

そうしたらメニュの描画の対称描画から再び 3 点対称描画モードとしておいて右クリックの描画メニュからフィル描画を選択すると下図のように描かれます。
あとは拡大表示して細かい部分を確認して修正の必要がある部分を修正すれば完成です。






               Home         Back

inserted by FC2 system