特殊効果フィルタ5(Hyper-Paint チュートリアル 使い方 講座)

カレンダーフィルタは画像を下図右上のようにカレンダーに変換します、カレンダーの西暦と月を設定して「カレンダー」ボタンを押します、幾つかのオプションがあります。
ステンドグラスフィルタは下図左下のように画像をステンドグラスのように変換します。


プリクラフィルタは下図の右上のように変換します、プリクラの絵を選択して「プリクラ実行」ボタンを押します、プリクラの絵はご自分でも作成することができます、だいだい800x800pixelの絵を作成してインストールフォルダに入れます、ファイル名はp32.bmp p30.bmpなどのようにします。 Hpprikura2.LZH  (特殊フィルタプリクラフィルタ追加画像 インストールフォルダに入れる)
   
シャッフルフィルタは画像を指定した大きさに分割してランダムな順番に並べます。


方眼目盛りフィルタは画像に方眼目盛りを付加します、線の色やサイズを変えることが出来ます。
チェック模様フィルタは画像にチェック模様を付加します、線の色やサイズを変えることが出来ます。

スキャナー取り込の線画のムラを取る(線画フィルタ)
下図の線画フィルタはスキャナ取り込み時のムラを綺麗に取り去ることが出来ます。
しきい値により多少暗めのムラも取ることができます、閾値は低くすると暗めのムラも取れます。

下図はそのサンプル画像です。一度で取りきれない場合は数回フィルタをかけてとります。
このフィルタの特徴はコントラストなどを調整してムラを取るのに比べてボタンを押すだけで簡単であることと必要な線の太さや濃さを変えることなくムラを取れる点です。


銀河
キャンバスに銀河を描きます、予めキャンバスを暗い背景にしてから実行します、タイプ1とタイプ2の二通りありタイプ1は下図のように天の川を描きますタイプ2は星雲を描きます、キャンバスの一部分に描くにはマスクを使うか新方式のフィルタ筆を使います。



銀河フィルタと星空フィルタを使うと下図のような絵を簡単に作ることが出来ます。




編みこみフィルタ
下図のようなスクロールバーで編みこみ模様の大きさを設定することができます。また同様に模様の始まる位置や回転角度も設定できます。但し始まる位置設定や回転角度などは使える人だけ使って下さい。

下図のような画像ができます。

下図は回転した場合です。



               Home         Back

inserted by FC2 system