リサイズ、回転、描画時にCTRL Keyにより一時的に補完を無効にする機能(Hyper-Paint チュートリアル 使い方 講座)

画像をリサイズや回転する際にCTRL Keyを押しながら「実行」ボタンを押して処理すると下図のように縮小補完や回転の際の補完を無効にしてしまうことが出来ます。綺麗に縮小したり回転するためには補完は便利な機能ですが補完が行われるとはっきりした輪郭の画像にアンチエイリアスがかかってしまい中間色の部分ができてしまいます、こういう画像にバケツ缶などで塗り潰しなどを行うと綺麗に塗り潰すことが難しくなります、勿論塗り潰しの際に「色幅」などを適切に設定してやることにより回避することも可能ですが縮小補完や回転の際の補完を無効にしたい場合には「実行」ボタンを押す際に CTRL Keyを押しながら処理することによってこれらを回避することができます。最近の版ではバケツ缶の機能は改善されアンチエイリアスがかかっている範囲も綺麗に塗ることができるようになりましたのでこの機能の必要性も薄れてきました。


下図は回転の場合の例です。


図形描画の時もCTRL Keyを押しながら描画を行うことにより一時的に補完を停止して描画することが出来ます。




               Home         Back


inserted by FC2 system