サムネイルウインドウの削除ボタンの機能(Hyper-Paint チュートリアル 使い方 講座)

下図の○印の「削」ボタンを押すと画像の名前の変更、画像の削除、画像の他のフォルダへのコピー、画像の他のフォルダへの移動など各種の機能を使うことが出来ます。また選択された画像の詳しい情報も参照できます。


「削」ボタンを押すと下図のようなダイアログが表示されます、下図の「名前の変更」のラジオボタンをチェックして○印のエディットコンポに変更後の名前を入力してから実行ボタンを押すと画像の名前が変更されます。


下図のように「画像の削除」のラジオボタンをチェックしてから実行ボタンを押すと画像を削除することが出来ます。


下図のように「画像のコピー」のラジオボタンをチェックしてから「移動先パス」のエディットコンポにコピー先のパスを入力してから実行ボタンを押すと画像をコピーすることが出来ます。「画像の移動」のラジオボタンをチェックしていると元の画像はコピー後に削除されます。
移動先のパスが存在しない場合はそのフォルダが作成されます、Cドライブに例えば test  test1  test2 のフォルダが全て存在しない場合にはtestフォルダが作成されその下にtest1フォルダが作成されその下にtest2フォルダが一遍に作成されて画像がコピーされます。

パスの入力は C:/test1/test2/test3 なども可能 C:/test1\test2/test3 など \と/の混在も可。
C:test1\test2 などのC: の後に\が無くても可。
但し 区切りに / を使った場合はLan接続の他のパソコンなどには不可。

移動先パスを入力する部分にはパスの履歴が格納されていますので▼の部分をクリックして表示させて選択できます。


                Home

inserted by FC2 system