矩形コピー、不定形コピー、文字の仮貼り付け時の矢印キーによる移動について(Hyper-Paint チュートリアル 使い方 講座)

初期状態では矩形コピー仮貼り付け時の矢印キーの機能は次のようになっています

 ↑  拡大
 ↓  縮小
 →  平行四辺形
 ←  平行四辺形
0、1 初期化


不定形コピーでは

 ↑  拡大
 ↓  縮小
 →  右回転
 ←  左回転
 0 回転初期化
 1 拡大率初期化


文字機能では

 ↑  1だけサイズを大きくする
 ↓  1だけサイズを小さくする
 →  5だけサイズを大きくする
 ←  5だけサイズを小さくする


矩形コピー、不定形コピー、文字の仮貼り付け時にControl keyを押しながら矢印キーによって移動することができます。

これらの機能はメニュのその他のオプションの「文字コピー画像ペースト時コントロールキーを使わずカーソルキーだけで移動する」をチェックするとコントロールキーを押さなくとも矢印キーだけで移動することができるようになります。


そして拡大や縮小などはコントロールキーを押しながら矢印キーを使うことになります。

矩形コピーでは

Control key+ ↑  拡大
Control key+ ↓  縮小
Control key+ →  平行四辺形
Control key+ ←  平行四辺形
Control key+ 0、1 初期化


不定形コピーでは

Control key+ ↑  拡大
Control key+ ↓  縮小
Control key+ →  右回転
Control key+ ←  左回転
Control key+ 0 回転初期化
Control key+ 1 拡大率初期化


文字機能では

Control key+ ↑  1だけサイズを大きくする
Control key+ ↓  1だけサイズを小さくする
Control key+ →  5だけサイズを大きくする
Control key+ ←  5だけサイズを小さくする




               Home         Back

inserted by FC2 system