逆光フィルタの例(Hyper-Paint チュートリアル 使い方 講座)

夕暮れの山の画像に逆光フィルタを使ってみます。プレビュの中で一番良く見える位置を考えてクリックして太陽の位置を決めます。「フレア」のスクロールバーでフレアの方向を調節します。強度は今回30フレアの強度も30にして実行します。下の画像が結果です。


プレビュ上でクリックすることによって太陽の位置を決めることができます。
強度やスクロ−ルバ−でフレアの位置を決め逆光の大きさを「大、中、小」のボタンで決めたら「逆光」のボタンを押して実行します。

逆光フィルタは位置と強度がポイントですから、この点を考えて使うようにしてください。


極最近のバ−ジョンでは「光輪」のチェックボックスをチェックすると下図のように光の輪を付けることができます。
もし最新版を使っていて「光輪」のチェックボックスがない場合は新たにダウンロ−ドしてインスト−ルして下さい。

最近のバ−ジョンでは下図の○印をクリックするとカラ−ダイアログを表示して逆光の色を設定することが出来ます。

下図は淡い黄色が選択された状態です。

下図は「十字光」と「光輪」をチェックして実行した画像です。




               Home         Back

inserted by FC2 system