一台のパソコンで二台のモニターを使うマルチモニター時のHyper-Paintの設定について(Hyper-Paint チュートリアル 使い方 講座)

最近は液晶モニターの値段が安くなって一台のパソコンで二台のモニターを使うマルチモニターを使う人も増えてきているのかも知れません。
マルチモニターを使うと左側のモニターで画像の表示や編集のみを行い色々なウインドウなどを全て右側のモニター上においてキャンバスが多くのウインドウの下に隠れることがなくなり格段に効率が上がります。

マルチモニター時にHyper-Paintを使う時は下図のような設定の「描画時ウインサイズ」の「2画面のマルチモニターを使う」をチェックして下さい。そうしないとウインドウを右のモニター上に移動しても左に戻って来てしまいます。Hyper-Paintではウインドウが画面の外にいってしまい行方不明にならないように対処しているためこのような設定が必要になります。
また各ウインドウを描画時に小さくする設定を解除したほうが使い易いと思います。
またHyper-Paint標準の外観にしなければ意味がありませんのでお忘れなく。

マルチモニターを使っているかどうかの設定はHp126Nの途中から自動認識するようにしましたので実質この設定は意味が無くなりました。
サブモニター側にはツールウインドウ類だけ置くことを考えればサブモニターは中古の安い画質はそれほど良くないものでいいので皆さんも試してみてください。



                     Back

inserted by FC2 system