マスクとグラデーションの組み合わせ例(Hyper-Paint チュートリアル 使い方 講座)

今回は普通に撮った写真を元にマスクとグラデーションの機能を使ってカメラのセンターフォーカスのフィルタを使ったような画像と焦点距離の長いレンズで絞りを開け背景をぼかした画像を作成します。


まず「マスクポリゴンフィルの機能を使い人物のマスクを作成してマスクの輪郭をぼかし筆でぼかします。


「マスク機能をオン」にして、グラデーションを「外」にし画像の中心から遠い周辺がより強くフィルタが機能するようにします。「シャープネス」フィルタで強度を-100として、ぼける程度を最高にして実行します。


下の画像のようにカメラのセンターフォーカスフィルタを使って撮影したと同じような画像が完成します。


次に元画像を使い、「マスク機能をオン」にして、グラデーションを上に向かってじょじょに強くフィルタが機能するようにして、実行します、そうすると焦点距離の長いレンズで絞りを開け背景がぼけた画像が作成されます。



               Home         Back

inserted by FC2 system