ページめくり画像作成法(Hyper-Paint チュートリアル 使い方 講座)

まずメニュの描画の中の「直線補完を行う」のチェックを外し直線等で補完をしないようにしておきます。
理由はページめくりの輪郭を描いてからリアルさを出すために影を描きこみますがその際に塗りつぶし(paint)の機能を使いますがもし直線補完を行うように設定してあると線が単一の濃さに描かれず綺麗に塗りつぶすことが出来ないからです。


まず正確に描くためにグリッドを表示させておいてからスプライン描画の機能を使いページめくりの輪郭を描きます。この時筆の太さを1として透明度を255で濃く描きました。



次にページがめくられた部分以外の部分を黒に塗りつぶします。

よりリアルさを出すために色変化をオンとして塗りつぶしの機能を使って描きますので、パレットの「グラデ」のチェックボックスをチェックします、そして下図のように色変化の開始色をグレーにして、終了色を白に設定します。色変化速度は60前後にしました。

下図の位置から塗りはじめますが色変化の角度を45度ぐらいに回転して「横」の変化のボタンを押して決定します。

そうすると下図のように塗られます、図は256色PNGなので幾らか粗く表示されてますが実際は綺麗なグラデーションで塗られます。

次にパレットの色変化を表示している部分でマウス右クリックして色変化の開始色と終了色を入れ替えます。
そして下図の位置で塗りつぶします。

そうすると下図のような画像になります。

次にまたパレットの色変化を表示している部分でマウス右クリックして色変化の開始色と終了色を入れ替えます。
そして色変化速度を20前後にして開始色をもう少し暗い色にして図の位置で塗りつぶします。そうして少し修正して完成させます。




inserted by FC2 system