画像読み込みダイアログの小技(Hyper-Paint チュートリアル 使い方 講座)

設定のファイルの中の「画像読み込みにサムネイル表示を使う」がチェックされていない時にはツールボックスの画像読み込みボタンを押すと下図のようなダイアログが表示されます。
Windows XPの場合このダイアログの場合でも画像のサムネイルを表示してそれから読み込む画像を選択することが出来ます。Windows Meの場合はMy pictures内に保存している画像の場合に使うことができると思います(暫くMeは使っていないのでだいぶ忘れた)
下図の○印の「表示メニュ」のボタンを押します。

表示されたメニュから「縮小版」を選択します。

そうすると下図のように画像ファイルのサムネイルが表示されますのでそれから読み込む画像を選択することが出来ます。

同様に画像を保存する際に表示される画像保存ダイアログでも同様の表示ができます。

ファイルの種類選択の小技

読み込みダイアログや保存ダイアログを表示後に「TAB」キーを1回ないし数回押します。

そうして「ファイルの種類」の部分をアクティブにします、この状態で「B」を押すとファイルの種類としてBMPが選択されます、「J」を押すとJPEGが選択されます。つまりファイルの種類の一文字目と同じファイルが選択されるわけです。「P」の場合は複数のファイルの種類がありますが「P」のキーを押すごとに次々に「P」の頭文字を持つファイルの種類が選択されます。

「ファイルの種類」の部分をアクティブにした後にキーを押すと押したキーの頭文字の「ファイルの種類」が選択されます。下図の最下段のように「すべて」のようにアルファベットでない場合も「す」を入力すると「すべて(*.*)」が選択されます。

これはノートパソコンなどでマウスを接続されていない場合にファイルの種類を選択しやすくするためのWindowsの機能の一つです。

お絵かきソフトはマウスなどを使用していることが前提になりますので蛇足ですが下図のように「ファイルの種類」の部分がアクティブの状態でカーソルキー「↓」を押すと

下図のように「ファイルの種類」のコンボボックスが開きます、あとはカーソルキー「↓」「↑」で選択してエンターキーを押すという方法もあります。ちなみにコンボボックスが開いている状態でESCキーを押すとなにもしないで「ファイルの種類」のコンボボックスが閉じます。更にESCキーを押すとダイアログが閉じます。(ダイアログがアクティブになっていなければなりませんが)


                     Back

inserted by FC2 system