グラデーション適用割合の機能の説明(Hyper-Paint チュートリアル 使い方 講座)

変形フィルタはグラデーションを設定すると例えば右に向かってじょじょに変形を強く変化させたり下に向かってじょじょに変形を強く変化させたりなどができます。またこのグラデーションのかかる強さを調整するグラデーション適用割合を調整するとさらに微妙に変形のかかり方を調整することができます。
グラデーション適用割合とは例えば 100% の場合グラデーションかかり方が100%適用され 50% の時はグラデーションかかり方が 50% 適用されます。
下図左の画像に右図のような変形をすると

下図左上のように変形されます。この変形をする時に下図右図のように右に向かって強く変形されるように設定すると下図左下A図のようになりますA図の場合はグラデーション適用割合が100%ですから左端は 0%の変形になり右端は 100%の変形になります。
下図右下のB図の場合はグラデーション適用割合が50%ですから左端は 50%の変形になり右端は 100%の変形になります。



変形フィルタはグラデーションの方向の選択をしてグラデーション適用割合を調整をするとどんな場合にも対応できるより自由な変形が可能になります。

Hp137Oよりグラデーション適用割合を変形フィルタだけでなく全てのフィルタと描画でも機能するように変更しました。
下図はエンボスフィルタにグラデーション適用割合を適用した場合の例です。下図上は100%適用の場合。

図下は50%適用の場合です。

下図は矩形フィルに適用した場合で図上は100%適用の場合。

図下は50%適用の場合です。





               Home         Back

inserted by FC2 system