複数のマスクを有効にする(Hyper-Paint チュートリアル 使い方 講座)

Hyper-Paintでは12枚のマスクプレーンを使用できますが「マスク機能をオンにする」と基本的には1枚のマスクが有効になりマスクとして機能します。しかしHyper-Paintで「マスク機能をオンにする」にしたときに複数のマスクプレーンを有効にして機能させることもできます。
下図のようにマスク1がなっていて

マスク2が下図のようになっていたとします。

このとき下図の「設」のボタンを押すと複数のマスクを使うように設定ができます。

下図のようなダイアログが表示されますので○印のように「1」と「2」のボタンを押しさげます、そうすると「1」と「2」のマスクが同時に有効になります。この場合は2枚のマスクを有効にしましたが他のボタンも押し下げるともっと多くのマスクを有効にすることもできます。

複数のマスクを有効にしている時はその後マスクウインドウの「マスク機能をオンにする」をチェックすると下図のようなダイアログが表示されます。
この中では○印の「1」と「2」が赤く表示され有効になっていることが確認できます、ここでもマスクのサムネイルをクリックして有効無効の切り替えができます。
これで良いときは「はい」のボタンを押すと

キャンバスに下図のように複数のマスクが合成表示されます。(マスクオン時にマスクをキャンバスに合成表示がオンの時)

この時キャンバスに描くと下図のようになります。

「マスク機能をオンにする」のチェックを外すと下図のように複数のマスクが機能していたことが確認できます。

ちなみに「いいえ」のボタンを押すと複数のマスクでなくカレントマスクだけが有効になります。


               How To Paint     How To Retouch


inserted by FC2 system