ラフに描く(花)(Hyper-Paint チュートリアル 使い方 講座)


今回は花を割合と細部にはこだわらないでラフに描くつもりです、絵を描く場合余り細かい部分にこだわり過ぎると筆がのびのびと運ぶことができず、かえってうまくいかないものです、今回は筆を自由にのびのびと描いていきます。
まず鉢の輪郭を描きます。



鉢と下の部分を塗りつぶし、輪郭線を色置換で消します。


鉢の上に花や草の影を描きます、自由にのびのびと間違ってもいいと思って描きます。


鉢の上の草も同様にのびのび自由なストロークで描きます。


草に立体感を出すためいくらか明るい緑で描きます。


あとは花を自由に、細かい形にはこだわらないで、自由に適切な位置に適切な色を置くという感じで描きます。

筆の運びは思いきって「スー」や「ずばっ」と行きましょう、うまく描こうとか、下手にいったらどうしようなどと下手な欲を持ち過ぎると手が萎縮して良い線や良いタッチが出ないものです、そういう迷いを振り切って、思いきって描けば生き生きとした線やタッチが出たりします、また偶然が味方してくれたりします。このことは書道や水墨画の「かすれ」「滲み」などの場合も同様と思います。

下の絵も同様にして描いたものです。

               Home         Back

inserted by FC2 system