筆太さ変化機能の上限と下限の設定ダイアログについて(Hyper-Paint チュートリアル 使い方 講座)

下図のパレットの○印の「太変」のチェックボックスをチェックすると筆の太さが変化して描けるようになりますが通常一番細くなった時の太さは1で一番太くなった時の太さは下図の○印のようにパレットで設定した太さ下図の例では19になっています。この間で太さが変化します。

つまり下図のように変化します。

しかしこの筆太さの上限と下限は下図の○印の「設」のボタンを押して

表示される下図のようなダイアログの中で設定することができます。下図の□印の中で上限と下限を設定して「設定を有効」をチェックすると下図の例では一番太くなった時で25一番細くなった時で13になるように描かれるようになります。

下図のように描かれるようになります。

下図の筆の速度に伴って筆太さを変化させる場合も同様に設定して上限と下限を決めることができます。

下図のように設定されている時は

下図のように描くことが出来ます。

上限と下限の設定は下図の□印の部分で設定すると筆の透明度を変化させる時も設定することができます。



               Home         Back


inserted by FC2 system