トレ−シィングペ−パ−の合成で背景を合成する場合のアルファデ−タの編集(Hyper-Paintチュートリアル 使い方 講座)

下図のように絵を描いてからTracing paperで背景を合成する場合に場合によってはそのままでは思うように合成がいかない場合があります。
例えば下の絵では下地の白を上手く使い描いていますがチュ−リップの全ての部分を描いているわけではありませんからAlpha Dataが全て作られていないのでTracing paperを表示した場合に


下図のように透けてしまう部分が出てしまう場合があります。


この場合のAlpha Dataは下図のようになっていて下図の白い部分は透けて下絵が見えてしまいます。
綺麗に合成するためにはチュ−リップの部分は透けてしまわないほうが良いので消しゴムの「Alpha Dataのみ描画」をチェックすることよってAlpha Dataだけを編集します。この場合は元の絵を変化させることなくAlpha Dataだけ描画することができます。


この場合の「アルファを不透明に」は合成の際の透明度を低くし下絵が透けなくなり「アルファを透明に」は透明度をより大きくして下絵が透けて見えるようになります。


「アルファを不透明に」をチェックしてフリ−ハンドで編集してみます。


これで必要な部分の透明度だけを小さくして綺麗に合成できるようになりました。
ここで注意が必要なのは「アルファデ−タのみを描画」をチェックして描くと画像そのものは全く変化はありません、描くことにより変化するのは合成する時の透明度であるAlpha Dataだけであるということです。


この時のAlpha Dataは下図のようになっています。「アルファを透明に」の場合は描くことによって透明度は増し下絵が透けてきます。

今回はフリ−ハンドで行いましたがポリゴンフィルなどでも同様に行うことができます。その場合はラインスタイルウインドウの「アンチ」をチェックして輪郭をぼかしたほうがよいでしょう。
消しゴムのAlpha Data編集が機能するのは

.フリ−ハンド
.直線
.矩形
.楕円
.多角形連続直線
.スプライン
.矩形フィル
.楕円フィル
.ポリゴンフィル
.塗り潰し

の各機能です。

                Home


inserted by FC2 system