保存ウインドウのJpegクオリティ及び減色クオリティテスト(Hyper-Paint チュートリアル 使い方 講座)

保存ウインドウのJpegクオリティボタンを使えば実際に画質を画像で確認しながらどれくらいのサイズになるかクオリティの調整ができます、スクロールバーでクオリティを変えJpegテストボタンを押すとキャンバスにJpeg圧縮した結果の画像を表示して保存ウインドウとキャンバスのタイトルバ-にサイズを表示します。
他のホームページを見ていたらHyper-PaintにはJpegクオリティプレビュが無いなどと書かれていましたのですがHyper-Paintはかなり細かい機能まで網羅していますので、機能の確認は十分して下さい。(^^;

なお下図のように保存ウインドウには現在の画像を分析して「補色使用度」、「輪郭度」、「最小クオリテイ」を表示します「補色使用度」は現在の画像に補色がどれくらい使用されているかの度合いを表示します補色が多く使われていると画質の低下が大きくなります「輪郭度」は輪郭として認識される程度を表示します輪郭として認識される程度が大きくなると画質の低下が大きくなります、「最小クオリテイ」は現在の画像をJPEG保存する際にそこそこ見れる画質で保存するクオリティの最低の値を表示しますので「JPGクオリティ」のスクロールバ-の値をこの値と同じにしてJPEG保存すると鑑賞にたえる画質で最小のファイルサイズで保存できます。


白黒2値に減色した場合の確認画像

                Home

inserted by FC2 system